2019年版のカレンダーってどうなるの?

更新日:

皇陛下の退位と新天皇陛下の即位が予定されている2019年。

記念すべき年になるのですが、それによって元号記念日が発生し、
2019年のGWは10連休になるのかどうなのか。

先日このような発表がありました。

2018年10月12日、安倍首相はあいさつで、新天皇の即位日となる2019年5月1日を来年限りの祝日とし、来年の大型連休を10連休とする方針を表明した。

2019年4月30日に天皇陛下が退位し、5月1日に皇太子様が即位されることにより、
5月1日が即位の日で改元記念日という祝日になり、祝日法の関係で2019年4月27日(土)〜5月6日(月・祝)の10連休になるというもの。

2019年gw10連休

さらに、「即位礼正殿の儀」が行われる19年10月22日が、その年1回限りの祝日となるんですね。

2019年はカレンダーの休日が多くなりそうです。

2019年のカレンダーはどうなるのか?

では2019年のカレンダーはどうするんだろう?という疑問が出てきます。

次の年のカレンダーは、早いところでは前年の7月ごろには印刷が終わっている場合もあります。

この時期(10月)はすでに印刷が終わっている場合がほとんど。

なので、全国カレンダー出版協同組合連合会はいち早く
19年版カレンダーの祝日“未定日”の記載方法決定

今回の全国カレンダー出版協同組合連合会(JCAL)JCALの記載内容がひとつの指針となり、カレンダー業界のみならず、速やかに関連他業界に開示し、社会への影響を最小限にとどめるのが目的。

【未定日の掲載についてのポイント】

・日付玉はいずれも墨(スミ)。
・4月30 日、5月1日、10月22 日、12月23日の該当行事名は祝日色(朱色など)。
・4月30 日、5月1日、10月22日の該当行事名の前には祝日色の日の丸(国旗印)を入れる。

2019年カレンダー
JCALより抜粋

との指針を発表。

2019年度のカレンダーではGWは祝日にはなっておらず、
平日表記のカレンダーになるのですね。

そして、天皇誕生日!2019年は12月23日が平日扱いになるんですね。
19年に天皇誕生日が無いのは、皇太子さまの即位のタイミングによるものだそうです。

天皇陛下の退位に関して定められた皇室典範特例法には、
皇太子さまの天皇即位後、誕生日である2月23日が新たな天皇誕生日になるそうです。

しかし、即位するのは誕生日より後の5月1日であるため、
2019年は例外的に天皇誕生日が無い年に。

国立天文台によると、1948年の祝日法制定以来、天皇誕生日が無い年は初めてだそうです。

 

来年のカレンダーはかなり今までとはイレギュラーで特別なものになりそうですね。

もし、まだ印刷されていないカレンダーがあったらラッキーというか、ちょっと出遅れ過ぎじゃないの?と思ってしまいますが結果オーライですね。

お店に並んであるカレンダーや手帳も上記の表記になってしまっていると思いますので、2019年はみなさんちゃんとカレンダーを確認しながら予定を立てましょう〜。

-お役立ち情報
-

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.