個人旅行でトロリーバスは必要かどうか?

更新日:

ハワイ市内での旅行者の交通手段でよく使われているのがトロリーバスです。
オープンエアのトロリーバスもあり、
ハワイの風にあたりながらのんびり街中をドライブはとても清々しいです。

そんなトロリーバスは
■ワイキキ・トロリー
■OLI`OLI(オリオリ)トロリー(JCB)
■LeaLea(レアレア)トロリー(H.I.S.)
■レインボートロリー&レインボースカイ(JALパック利用者のみ※購入不可)
旅行会社のツアーに参加すると必ずパスポートがついてくるので、
利用しない手はないですよね。

しかし、個人手配で旅行を手配すると
これらの便利なトロリーバスがついて来ません!泣

それ以外の足となるとオアフ島を走っている公共路線バス「The BUS」
レンタカータクシーか。
公共の路線バスなんてローカルの人も乗ってくるし、乗り方分からないし、
レンタカーも道路や交通ルールが不安・・・などなど。

ハワイ初心者の私にとっては「トロリーバス」は旅行者の強い味方なのです。

では、個人手配でトロリーバスに乗れないのかと言いますと、
いえいえ、ちゃんと乗れます。

それでは個人手配の方はどうすればトロリーバスに乗れるのか?

 

ホノルルの街を走るワイキキトロリー

ワイキキトロリー

街中をたくさん走っているワイキキトロリー。
チケットを購入すれば利用が可能です。

走るコースも5種類あります。

【ブルーライン】
オアフ島の東海岸をめぐるコース。
ハナウマ湾、ハロナ潮吹き岩、サンディービーチなどのオーシャンビューを楽しめます。

【グリーンライン】
タイヤモンドヘッド観光コース。
ダイヤモンドヘッドハイキング、ホノルル動物園、ワイキキ水族館、オーガニックスーパーのカハラモールに行きたい方もこちらに乗ります。

【パープルライン】
パールハーバー、アロハスタジアムに行きたい方はこちらを利用します。

【レッドライン】
約50分でホノルル市内にある主要観光スポット(イオラニ宮殿、カメハメハ大王)を巡ります。ダウンタウン市場周辺、チャイナタウン、ワードセンターへも回ります。

【ピンクライン】
ワイキキエリアの主要ホテルとショッピングスポット、アラモアナショッピングセンターを循環しているコースです。
※こちらのピンクラインのみ、チケットを持っていなくても
片道 大人$2.00 子ども$2.00で乗ることができます。

 

ワイキキトロリーのチケット金額
【WEB価格】4日5ライン乗り放題チケット (4Day)
US$59.00(希望小売価格: US$65.00)
【WEB価格】7日5ライン乗り放題チケット(7Day)
US$63.50(希望小売価格: US$70.00)

 

ツアーじゃなくても購入可能!H.I.S.のレアレアトロリー

H.I.S.のレアレアトロリー

唯一、旅行会社のトロリーを
チケット購入によって乗れるトロリーです。

トロリールートも新ライン増加で現在8つ!

【ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン】
ダイヤモンドヘッド、ホノルル動物園、オーガニックスーパーのあるカハラモールに行けます。土曜日はKCCファーマーズマーケットにも停車。

【アラモアナ/ドンキライン】
ワイキキの主要ホテルからアラモアナショッピングセンターへの巡回ライン。
ドン・キホーテへも停まります。

【ダウンタウンライン】
ダウンタウンにあるカメハメハ大王像やイオラニ宮殿などを巡るライン。
ワードウェアハウスにも行きます。

【イーストコーストライン】
オアフ島東海岸の海岸線をドライブするライン。
カハラモールにも行きます・

【ワイケレ・モアナルア・ライン】
モアナルアガーデン(この木なんの木)、ワイケレ・プラミアム・アウトレットへ行くラインです。

【ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン】
ダイヤモンドヘッドや動物園などの観光スポットのほか、カフェやレストランを回る、朝食限定のライン。

【ウエストディナーライン】
アラモアナショッピングセンターやワードエリア、レストランが集まるサウスキング通りを回るライン。

【イーストディナーライン】
サウスキング通りを東へ、ワイアラエ通りを中心としたグルメエリア、カイムキタウンやカパフル通りも回ります。

【期間限定】【レアレアウエスト・オアフ・ライン】
ワイキキの西側にある人気スポット、西オアフのコオリナ、カポレイエリアへのライン。

レアレアトロリーのチケット金額
7日間乗り放題レギュラーパス
大人(12歳以上)US$49.00(子供(2~11歳) US$39.00)
【乗車可能ライン】
・アラモアナ/ドンキライン
・ダウンタウンライン
・ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
・ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン
・イーストディナーライン
・ウエストディナーライン
・アラモアナエクスプレス
・ダイヤモンドヘッドエクスプレス
・KCCエクスプレス(※土曜日のみ)
14日間乗り放題レギュラーパス
大人(12歳以上)US$89.00(子供(2~11歳) US$69.00)
【乗車可能ライン】
・アラモアナ/ドンキライン
・ダウンタウンライン
・ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
・ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン
・イーストディナーライン
・ウエストディナーライン
・アラモアナエクスプレス
・ダイヤモンドヘッドエクスプレス
・KCCエクスプレス(※土曜日のみ)
7日間乗り放題ゴールドパス
大人(12歳以上)US$89.00(子供(2~11歳) US$69.00)
【乗車可能ライン】
・アラモアナ/ドンキライン
・ダウンタウンライン
・ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
・ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン
・イーストディナーライン
・ウエストディナーライン
・イーストコーストライン
・ワイケレモアナルアライン
・アラモアナエクスプレス
・ダイヤモンドヘッドエクスプレス
・KCCエクスプレス(※土曜日のみ)
アラモアナ/ドンキ・ライン1日券
大人(12歳以上)US$25.00(子供(2~11歳)US$15.00)
【乗車可能ライン】
・アラモアナドンキライン
・アラモアナエクスプレス
イースト・コースト・ライン1日券
大人(12歳以上)US$25.00(子供(2~11歳)US$18.00)
【乗車可能ライン】
・イーストコーストライン
ワイケレ・モアナルア・ライン1日券
大人(12歳以上)US$25.00(子供(2~11歳)US$18.00)
【乗車可能ライン】
・ワイケレモアナルアライン

 

JTBの`OLI`OLIウォーカー・トロリーチケットも購入できる!?

JTBの`OLI`OLIウォーカー・

※JTBホームページより参照

以前は購入できなかったのですが、
ある特定のお客のみ購入ができるようになりました。
クジラの形をしたバスは一目でわかりやすく、子供たちも大喜び間違いなし。

しかし、誰でも購入できるわけではなく、購入対象があります。
TBホームページ(PC、スマートフォンサイト)にて海外航空券(ホノルル行)・ダイナミックJTB 海外 Web専用(ホノルル滞在商品)・海外ホテル(ハワイ全域対象)を「ネットで予約・クレジットでお支払」でご購入いただいたお客様
となっております。

このトロリーの一番の利点は`OLI`OLIウォーカー・トロリーはいつも空いている!
という点でしょうか。

ほとんどがワイキキトロリーかレアレアトロリーの乗車の方が多く大混雑。。
そっちの行列ができているのを横目にサクサクと乗っていけるという優越感を味わえますw

一般購入ができるようになったのである程度こちらに流れて来るかもしれませんが、
それでも混み具合にかなり差があると思います。

【アラモアナルート】
アラモアナホテルから主要ホテルをまわります。

【カハラルート】
カハラモールやカパフル、カイムキ地区へのルートです。

【ワード/ダウンタウンルート】
ワードトレードセンター・ダウンタウン・出雲大社・カメハメハ大王像・イオラニ宮殿へのルートです。

【ダイヤモンドヘッドルート】
ダイヤモンドヘッド・KCCファーマーズマーケット・ホノルル動物園・水族館へ行きたい方はこちら。

`OLI`OLIウォーカー・トロリーチケット
7日間チケット
大人(12歳以上)US$50.00(子供(2~11歳) US$45.00)

 

JCBカード提示で無料で乗れる!

JCBカードを見せるだけで、ワイキキ・トロリーのピンクラインのみ
無料で乗ることができます!
しかも、本様と同乗の家族大人1名様、子供2名様(11歳以下)まで対象。

もしカードを持っていなくても、おひとり様US2ドル(2歳以下無料)で乗車することもできます。

アラモアナショッピングセンターに行く場合は非常に便利なので
私は必ず使っているトロリーバスです。

さらに、JCBカードはレストランで提示すると、デザートがプレゼントなどJCB優待が受けられたり、
「たびらば」というレストラン予約がJCBを通してできたり。
ハワイに行くときは、JCBカードを持っているとお得なことが沢山あります。
私もハワイに行くときに作っていきました。

 

宿泊者専用のトロリーバスがある!?

アウトリガーリーフワイキキビーチリゾートホテル
アウトリガーワイキキビーチリゾートホテルのアウトリガー系に泊まった
宿泊者のみが乗れる専用トロリーバスがあります。

停留所はホテルの近くにあり、ダイヤモンドヘッド方面やアラモアナ方面に連れて行ってくれます。

1時間に1本くらいの運行なので時間に注意が必要ですが、
アウトリガー系列の専用トロリーですので気分は良いです♪

計画を立てて上手く利用すれば、
一般のトロリー券を購入せずにダイヤモンドヘッドへ周回できたりします。

宿泊の際は、ぜひこちらも上手く利用できたら良いと思います。

 

結局トロリーは個人旅行で必要なの?

私、個人の経験ですと、当たり前ですがあると便利です!

が、金額がかなり高いので、ご家族で購入する場合はかなり高くついてしまいます。

なので、旅行のスケジュールをしっかり組み立てて、
トロリーを使って行きたい場所がある場合は購入、
オプショナルツアーとかを入れていてそんなに乗れる時間はないかも・・・という場合は
必要ないと思います。

私もダイヤモンドヘッドに行きたかったり、ダウンタウンに行きたかった時は
トロリーバスがとても重宝しました!

それ以外は基本的にアラモアナセンターへ行く時の足が必要なくらいで
ピンクラインのみ使用が多いです。
ピンクラインはJCBカードを使い無料で乗ります。

 

ちなみに、たまにH.I.S.さんのキャンペーンでトロリーチケットが安く購入できる時があります!
タイミングを逃さないようにしっかりキャンペーンをチェックしましょう!

 

 

-お役立ち情報
-

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.