ワイキキから「レナーズ」と「カハラモール」まで自転車で行ってみた

更新日:

ことの発端は「レナーズ」に行ってマラサダを食べたい!という一言から始まりました。

マラサダで有名なレナーズとカハラモールにはトロリーバスを使っていけるのですが、
大きく周回して行くのでかなり時間がかかってしまいます。

おまけに混んでいると座れなくて揺れる車内にずっと踏ん張っていないといけない。。

では歩いていく?と思ったのですが、
炎天下の中歩いていくにはちょっときついしなぁ〜と。

そこで、自転車で移動したら便利なのではないか?と
今回自転車で街を走ってみよう!!と企画しました。

 

チェイス・ハワイアン・レンタル(Chase Hawaiian Rentals)で自転車レンタル

チェイス・ハワイアン・レンタル

 

今回お世話になったのはチェイス・ハワイアン・レンタル(Chase Hawaiian Rentals)さん。

DFS(免税店)の後ろ斜め向かい側にあるオートサイクルのレンタルショップです。
こちらはハーレーダビッドソンなど大型バイクをレンタルできるのが有名ですが
自転車レンタルもしております。
私が行った時は、皆さん大型バイクを借りていました。

利用料金:
■ 4時間:$10.00
■ 1日(8:00an-6:00pm):$15.00
■ 24時間:$20.00

今回は1日レンタルで15ドルのプランでマウンテンバイクをレンタルしてみました。

チェイス・ハワイアン・レンタル(Chase Hawaiian Rentals)

住所: 355 Royal Hawaiian Ave. Honolulu HI 96815
電話: (808) 942-4273
営業時間: 毎日8:00 - 18:00
WEB: http://www.chasehawaii.com

 

ハワイでの自転車の交通ルール

ハワイではちょっと日本とは異なる自転車に乗る時の注意点が存在します。

しっかり頭に入れて自転車に乗りましょう!

 

ハワイでの自転車の交通ルール3つの注意点

1 . 車と同じなので車道の右側通行!

2 . アラワイ運河沿いとカラカウア大通りは一方通行なので、逆走すると危険!

3 . 特にワイキキとダウンタウンでは歩道での走行は禁止!(罰金もあり)

車とかなり近い認識という感じでしょうか。
走っている時にこの通りは一方通行ではないかと、かなりビビりました。

 

停める場所、駐輪場

1 . 自転車の形をした駐輪スペース(チェーンをくくりつけてロックします)

2 . お店などの駐輪スペース

3.チェーンロックはタイヤと自転車本体も一緒にくくるようにする。
(タイヤだけロックしてると車体を持って行かれてしまうそうです)

日本とは違い、どこでも置いて大丈夫とはいきません。盗難もかなりあるらしい。。
必ず駐輪スペースに置きましょう。
街中を歩いていると確かに駐輪スペースをよく見かけますね。

 

レナーズとカハラモールに自転車で行ってみる

ワイキキからスタートしてカハラモールへと向かい、帰りにレナーズに立ち寄ります。

最初はレナーズだけで良いかと思ったのですが、
せっかくなのでもっと遠くまで行こう!と距離を伸ばしカハラモールをゴール地点としました。

道順的には運河沿いを走って、
カパフル・アベニューを走りレナーズ立ち寄り、
ワイアラエ・アベニューを通ってカハラモール、とざっくり目星をつけてスタート!
実際はこんな感じに道は通らなかったと思います。。

実際、大通りを走っていると後ろから車がビュンビュン。
車道を走るので、バスが後ろから迫っていたりかなり迷惑かけている感がありました。。

なので途中から大通りではなく、その脇を並列して走っている住宅街のような道を走ることに。

道は意外と碁盤の目のように綺麗に並んでいるので大きく大通りから外れることなく、
今どこかをグーグルマップで見ながら無事にカハラモールまで行けました。
(途中ぐるぐる変な裏道を走りすぎて右左がわからなくなりましたが。。)

ちなみに、カハラモール近くになるとずっと下り坂です。

気持ちいいーーーと浮かれていましたが、途中「帰りってこれ登るの?」と不安に。。。

 

カハラモールまで距離約4マイル(6.44キロメートル)でした。

ホールフーズマーケット

 

カハラモールからワイキキまで

午前中とはいえ、炎天下の中走っていたので喉がカラカラ。

カハラモールで飲み物を補給して一休みしたら来た道を戻ります。

 

カハラモールからはさっきひたすら下ってきた坂を登り続けます。
これが結構きつく普通に自転車から降りて押していきました。
かなり距離があるんです、この坂が!w

また大通りに沿った裏道を走り、無事にレナーズへ到着。

レナーズ

マラサダをホテルに持ち帰って食べたかったので、帰りに寄ることにしました。

自転車置き場がいっぱいでしたが無理やり2台をチェーンでくくりつけてマラサダ購入。

 

マラサダが温かいうちに食べたかったので、急いでホテルに戻りました。

ホテルの部屋に戻ったのがAM11:30。

あれ、思ったより時間が経っていなかったかなと。

カハラモールでも買い物は飲み物しか買わなかったのでほとんどとんぼ返り。
時間がそんなにかからなかったのでしょうね。

ホテルでシャワーを浴び、涼しい部屋でマラサダを食べた後、
時間がかなり余っていましたが自転車を返却して終了しました。

 

自転車で走ってみて思ったこと

まず、交通ルールが違うので、
意図しないところで一方通行の道に出ちゃった時などかなり焦りました。

一方通行かわからない道も。。(そういう場合はとりあえず自転車を降りて押す。。)

そして大通りなどは、車道を走っているため車が自転車を抜かせず、後ろが交通渋滞に・・・。。
これは走っていて申し訳なかったです。。

車はビュンビュン横を走るし、お子さんとかは危ないかもしれません。。

あとは、暑さ!!

晴れの日などはかなり暑く思考回路が鈍るくらいで、走るのが精一杯にw
(なのでこの時の写真が少ないです。。)

カハラモールまでは行けなくはないですが、曇りの日がオススメかもしれません。

 

ワイキキ周辺の散策ならレンタル・サイクル「 Biki Bike」もあり

ワイキキでレンタル・サイクルといえば、「 Biki Bike」が2017年からサービスが導入されました。

ワイキキ周辺をBikiストップの設置場所まで行ける自転車シェアサービスです。
日本でも東京都内でやっていますね。

「 Biki Bike」とは。

ハワイ オアフ島のダイアモンドヘッドからダウンタウン間で自転車のシェアサービスです。
ホノルル都心内に100個所設置されているお近くのBikiストップが配置されており、
1000台の自転車が導入されているそうです。

Biki レンタル・サイクル
引用:gobiki.or

利用料金:

■30分/$3.50のシングルライド。
各クレジットカードごと、バイクを最大4つまでの取り出しが可能です。
30分以上利用された場合は$3.50の延長料金が発生し、その後30分毎に$3.50が加算されていきます。

■300分(5時間)$20のフリースピリットパス。
当パスは購入一回につきバイク1つの利用が可能です。
ハワイに数日滞在を予定されている方で、滞在中にBikiを数回程度利用したい方へおすすめのプランです。

■月払いプラン。
ホノルルのタウンに長期滞在予定の方へはBikiメンバープランへの登録をおススメします。

Bikiの乗り方公式ページ

-お役立ち情報
-, , ,

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.