キャプテンブルース天国の海ツアーに参加してみた!

更新日:

天国の海でハワイの自然のパワーを感じる。

オアフ島のマリンアクティビティで大人気の「天国の海サンドバーツアー」。

ちなみにサンドバーとは…
カネオヘ湾の干潮時に現れる、海に囲まれたサンゴの陸地です。

ツアーでは、このサンゴの上を散策、周囲の海をスノーケリング、
また船上でバーベキュー料理を楽しんだりと盛りだくさんです。

 

キャプテンブルース社「天国の海ツアー」

私が参加したサンドバーツアーは、キャプテンブルース社「天国の海ツアー」

多くのガイドブックや日本の番組でも頻繁に紹介されるメジャーブランドで、
その知名度から申し込みを決めました。

実は他にも「天国の海ツアー」がたくさんあるのですが、
干潮時の陸地エリアが一番広大な場所の営業権を州政府から受けているのは、
この「キャプテンブルース」だけだそうです。

大人気ツアーですので事前予約はマスト。

 

予約はどこでする?金額は?

私は3ヶ月前にキャプテンブルースのオリジナルサイトから申し込みました。

キャプテンブルースの天国の海ツアー

ベルトラ・トラベルドンキーなどのオプショナルツアー会社でも予約はできますので、
どこを使っても良いかと思います。ポイントなどを貯めている場合はそちらでも。

゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

金額は私が調べた時は全く一緒だったと思います。

ちなみにツアーは午前中と午後の二回催行します。

大人$135 子供$125
※ 大人(12才以上)/ 子供(2才~11才)2才未満は無料です

 

サンドバーの干潮水位を調べよう!

サンドバーツアーに参加する時にとても大事な事があります。
それは当日の干潮水位

サンドバーは干潮時に海から顔を出すサンゴの浜です。

そしてそのタイミングは、年間を通して変則的です。
どうせなら干潮水位を事前にチェックして、
完璧なサンドバーを見たいですよね。

完全に陸地になるのがベストですが、足首くらいまでの干潮の時もあれば、
最悪は膝くらいまで海に浸かる事も…
そこで私たちはハワイの干潮水位を調べる、下記のサイトを利用しました。

Hawaii Tide Chart

私たちが狙った日は、グラフではなんと0フィート
何も疑わずに、午前中のBBQ付きツアーに決めました。

 

参加当日の朝のお迎え。

当日の天候はあいにくの曇り空。。

持ち物は一応少しのお金と、バスタオル
服装は水着着用で上着を羽織ってマリンシューズを履いて行きました。

朝8時にDFS前(カラカウ通りではなくロイヤルハワイアン通り)を集合出発。
20席数ほどのバスを満席にして、ワイキキを出てから、
約1時間後にはカネオヘ湾に到着しました。

 

カネオヘ湾に到着〜船に乗船。※サンダルでの乗船は不可ですよ!

キャプテンブルースの天国の海ツアー

キャプテンブルースの天国の海ツアー

カネオヘ湾の桟橋に着いたら、
まず担当のコーディネーターから、当日の説明があります。

工程の確認がメインですが、ひとつ注意事項があります。

船に乗る際に、サンダルでの乗船は不可です。

サンダルの方は桟橋で脱ぎ、裸足で船に乗ることとなります。
上の写真の黒いボックス(黄色い蓋)の中にサンダルを入れて裸足で乗船です。

私はマリンシューズを履いていたので、船にそのまま乗船できました。

ビーチサンダルだと脱げてしまったりするので危ないようです。
(ちなみに、船の中でマリンシューズを20ドルで売っていました。)

 

船酔いする方は酔い止め薬必須です!

私が参加した時は天気が曇っていましたが、波は荒れていなく穏やかな感じ。

天気によってはかなり船が荒れることがあるそうです。

船酔いする方は万が一に備え、酔い止め薬を飲んでおくことをオススメします。

また、体調によって普段大丈夫でも長時間の飛行機移動で疲れていたりすると、
急に酔ってしまったりするので個人的には全員飲んでおいた方が良いんじゃないかなぁという感じ。

せっかくのアクティビティが体調不良で台無しになってしまうのはもったいないですもんね。

乗り物酔いにオススメの酔い止め薬はこれ!

 

船はサンドバーへ。

広めの船上は、参加者全員がゆったり座れます。

荷物も足元に透明ボックスが置いてあり、その中にしまえるようになっています。
気配りがありがたいですね。

キャプテンブルースの天国の海ツアー

桟橋を出発したら、カネオヘ湾の美しさや、時折顔を出す海ガメに心を癒されながら、
10分ほど船を走らせてサンドバーの近くまで船を近づけます。

サンドバーは完全に海から姿を現し、
まさに幻の景観「天国の海」を目の当たりにすることができたのです!

スタッフの方曰く、
今年に入り半年間ここまでサンドバーが出たことはなかった、とのこと。
干潮水位がマイナスになっていても、天気が荒れていたりすることもあるようで、
本当に運らしいです。

キャプテンブルースの天国の海ツアー

そして待ちに待った、サンドバー散策。

船が停泊する都合、水深が多少ある所から出発となります。

船から5分ほど歩くと、目的のサンドバーに到着。

キャプテンブルースの天国の海ツアー

キャプテンブルースの天国の海ツアー

良く見るとそれはサラサラの砂浜ではなく、
素足だと痛いなぁという感じの、少し起伏のあるサンゴの堆積地でした。

ちょっとイメージと違っていたかも。。

さらに裸足の方達は珊瑚の上を歩くことになるので、みなさん口々に「痛い痛い!」と。。
せっかくのサンドバーで足が痛くてあまり散策できないのはもったいない!!

マリンシューズ必須だと思います!!

日本から買っていけば1000円くらいからAmazonでも購入できます。

 

そしてそのサンゴの隙間に、
干潮に置いていかれた小さな生き物たちを見ることができます。

この間もスタッフの方が写真を撮ってくれます。

あとでWEB上でアップされるので、好きな写真を購入できる仕組みです。

 

みんなでシュノーケルの時間。

1時間ほどサンドバー散策を終えたら、自由時間です。

ここからはシュノーケリングをやりたい人、船の上で休む人など自由になります。

私はシュノーケルチームへ参加。

水中眼鏡・シュノーケルセット・ライフジャケットを受け取り、
数十秒間浮いてられるかのチェックをします。

また、シュノーケルするポイントは急に深くなるので(水深5mくらいあった?)
高所恐怖症の方は気を付けてくださいとの注意が。

私もあんなに深いとは思わず、正直怖かったです。。

シュノーケルするポイントは海底が深く落ち込んでいて、まさにサンゴ礁の宝庫。
様々な魚やウミガメを間近に見ながら、カネオヘ湾の大自然が満喫できます。

 

船上でランチタイム。

たくさん海で遊んだら、お腹はペコペコ。

次は船長さんが腕によりをかけて作った船上BBQランチを楽しみます。

キャプテンブルースの天国の海ツアー ランチ

カルビ焼きやシュリンプカクテル、ハワイ産フルーツにお菓子などが食べ放題。

綺麗な景色の中で食べる料理は格別です!

天候が悪く、体が冷えてしまっていたので、
温かい食べ物やコーヒーがありがたかったです。

 

サンドバーツアー終了

12時を過ぎたところでサンドバーを出発。

濡れた体も十分に乾いており、桟橋から行きと同じバスに乗って、ワイキキに向かいます。

バスツアーだとバスの空調が寒く、車内で辛い思いをすることがよくありますが、
ツアーガイドの方が気を配ってくださり、ドライバーに空調の指示をしてくれます。

車内空調も適温で快適なまま、
13時30分には宿泊先のホテル前まで運んでくれました。

サンドバーツアー「キャプテンブルースの天国の海(AMツアー)」の顛末でした。
限られた時間だけに許された、珊瑚の海の中に浮かぶ神秘的な景観。

ただ天気が良ければなぁーーと欲が出てしまいます。。

でも、スタッフの方達も陽気で明るく、親切。
ランチのご飯も美味しく、また行ってみたいなと思っております。

ハワイの大自然パワーを感じたい方には、是非オススメのツアーです!

-オプショナルツアー
-, , ,

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.