初めて個人手配をしてみた⑨【パスポートとESTA】

更新日:

あとは海外旅行に必需品な「パスポート」

パスポートは事務手続きなので所定の要件を満たせば10日ほどで発行されますが、
何が起こるかわかりませんので早目に申請をして取得しました。

余談ですが、私のパスポートの写真の前髪が少し目にかかっており、
「国によっては言われるかもね〜」との事を申請時に言われました。。
いつもビクビクしていますが、今の所問題は起こっておりません。
余計な心配をしたくないので、パスポートの写真は
ちゃんと顔が出ているものを使用しましょう。(当たり前ですが。。)

 

そして「ESTA」なるものも必要なのがわかりました。。

「ESTA」とは…
ハワイなどアメリカ合衆国に渡航する場合、
テロ防止のために短期滞在のビザ(査証)を免除している参加国(ビザ免除プログラム参加国)の渡航者が、
ビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかどうかを審査するものです。

となっています。。

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロをきっかけに、

アメリカの国土安全保障省により2009年1月12日から義務化されました。
渡米のために必ずこの認証が必要になったらしいです。。

ツアーで申し込む場合、旅行会社が代行5,000円ほどでやってくださるようですが、高い。。

個人で申請すると14ドルで済みます!安いですね!

ESTAの登録にはパスポート番号が必要なので先にパスポートを取得しました。
ちなみにESTAの登録は、原則アメリカへの"出発の72時間前まで"となっています。

ESTA申請公式サイト:  https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

実は似ているサイトがあります。。
公式サイトっぽい作りになっているため、
気がつかずそちらで入力してしまいそうになるくらいです。

ESTA Online Centerなどという名前のサイトです。

そちらで申し込んだ場合は、なんと60ドル以上!
自分も最初そちらのページで申し込みそうになってしまいました。
公式サイトに比べて入力内容が簡単になっている感じなんです。
ついつい「あ、こっちでいいじゃん?」と思って留まりましたが。。

 

そして下記が本物のサイトのトップページです。
日本語表記にできるので便利でした。
こちらから入っていき、新規の申請を押すと入力フォームにうつります。

esta

そこからは意外と簡単でした。

住所な名前、パスポート情報などを入力していき、
最後にクレジットカードで決済で終わります。
申請するとすぐに登録したメールアドレスの方へ申請完了のメールが届きます。
認可がおりたかは数日待ちましょう。

 

最初はちょっと不安でしたが、
私でも特に問題なく申請することができたので、
これはツアーの方も代行にお願いするのではなく、
個人でやった方がよいのではと思います。

※ちなみにESTAは2年間有効なのですが、有効期限が切れそうな時は事前にメールが届き教えてくれます!

-初めて個人手配してみた

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.