【番外編】 年末 3泊4日 台湾旅行記(準備編①)

更新日:

年末に台湾旅行に親を連れて家族で行ってまいりました。

 

本当は年始をまたぎたかったのですが
母がどうしてもお正月は日本に戻りたいとの希望だったので
年末の12月28日(木)→12月31日(日)
3泊4日で行くこととなりました。

実は昨年の年末年始も台湾旅行に行きまして
楽しかったので親にも台湾を味わってもらいたいと提案した旅行でした。

 

 

 

旅行記に入る前に、

旅行に行く際の台湾の基本情報を簡単にご説明します。

台湾とは?

  • 首都は台北
  • 言語は中国語(北京語)で台湾語も話される
  • フライト時間は東京からだと約4時間
  • 時差もマイナス1時間
  • 通貨は元

 

また、沖縄より南に位置して常夏のイメージのある台湾でしたが、
日本ほどでは明確ではありませんが四季があります。

そして台湾の気候は、北部が亜熱帯気候、南部は熱帯気候と
場所によって分けられます。

 

 

気になる気温は

▪3月~5月 春

晴れの日は暑いくらいですが、朝晩は冷えることもあります。
過ごしやすく観光に適している。
5月は梅雨の季節になります。

▪6月~9月 夏

月は初夏で、昼間は30℃近くなることも。
梅雨の季節で気温湿度ともに高くなります。暑さに注意が必要ですが観光はしやすいです。
7月は真夏で気温もさらに高くなり、昼間の屋外観光には不向き。
8~9月は台風の季節です。

▪10月~11月 秋

10月になると、気温がだんだん下がりはじめ過ごしやすくなります。
日中は晴れの日はまだまだ暑さが厳しい時もあります。
10月はまだ台風の季節。
11月は気温が過ごしやすく観光に適しています。

 

▪12月~2月 冬

日本の冬よりは暖かいですが、曇りや雨の日が多く、
雨が降ると肌寒く感じることがあります。
厚手の上着が必要な時もあります。

 

昨年、私が行った12月の年末年始は曇りがちで
場所によって(山沿いとか)は雨が振って肌寒かったりしましたが、
台北の街中は晴れの日が多く、気温が30℃近くになり、
半袖でも暑いくらいの日もあり、結構極端でした。

いつも困るのが服装ですよねー。

昨年も服装をどうしようかかなり悩みましたが、
日本からの服装にコートがないだけ、という感じで大丈夫でした。
あと、日本ではインナーの長袖ヒートテックを着ていたのを
台湾ではタンクトップにしたり。
なので晴れの日は暑くて腕をまくっていたのを覚えています。

親も服装に悩んでおり、
結果、日本と同じ服装をしていましたw
上着を着ていましたが、薄手のジャケットのようなものだったので
台湾でも特に脱ぐことなくそのまま着ていました。

ただ、今回の台湾旅行はほとんど雨と曇りで
かなり寒かったので昨年とは全く違いました。

コートの出番はなかったものの
セーターを着てきて正解だったなという感じでした。

-【番外編】台湾旅行

Copyright© 個人旅行でGWに格安ハワイ旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.